グリーンクリート研究会

グリーンクリートとは

  • HOME »
  • グリーンクリートとは

グリーンクリートとは

グリーンクリートとは?

CO2の削減などの環境に配慮した材料とリサイクル材(JISA5308に規定された)を用いて生まれた、
地球にやさしい高耐久コンクリートで、現在はフライアッシュの砂置換で配合しておりますので、今までの生コンクリートと同じように扱うことができます。

優良な天然骨材の供給が難しくなっている現在の状況を鑑み、また環境に対する配慮を考えた結果、
材料を厳選し、今まで以上に高耐久のコンクリートを創り出すことができました。

フライアッシュと高炉スラグ細骨材を使用しているため、従来の製品よりも乾燥収縮率が低く、
ひび割れ抑制効果が見込まれます。
また長期強度が増進されコンクリートが緻密なものとなることで劣化抵抗性が増し、長期の耐久性を求められる構造体に適した製品とすることができました。

これらの優れた配合は「グリーンクリート」として標準化(JIS製品)され、
一般に広く使用できるコンクリートとして販売されています。

グリーンクリートの特徴

  • JIS A 5308 レディーミクストコンクリート適合品です。
    • 4種類のセメントで対応
      • 普通ポルトランドセメント
      • 早強ポルトランドセメント
      • 中庸熱ポルトランドセメント
      • 高炉セメントB種
  • JIS A 6201 コンクリート用フライアッシュを使用しています。
    • 中部電力株式会社碧南火力発電所で生産されたフライアッシュⅡ種を使用しています。
  • JIS A 5011-1 コンクリート用スラグ骨材を使用しています。
    • 新日鐵住金株式会社名古屋製鐵所で生産されたBFS1.2を使用しています。
  • 優れたワーカビリティーです。
    • フライアッシュのボールベアリング効果により、ポンプ圧送性も向上しています。

フライアッシュ・高炉スラグ細骨材とは

成分の特徴

フライアッシュについて

石炭火力発電所では、微粉砕した石炭をボイラー内で燃焼させ、そのエネルギーを電気に変えています。この燃焼により溶融状態になった灰の粒子は高温の燃焼ガス中を浮遊し、ボイラ出口で温度が低下することに伴い、球形の微細粒子となります。これを電気集塵機に捕集したものがフライアッシュです。
グリーンクリートは、コンクリート混和材用に粒度調整等を行ったフライアッシュⅡ種を使用しています。

ミルシートはこちら

フライアッシュの特性
  • フライアッシュは、ポルトランドセメントの水和反応により生成された水酸化カルシウムと反応するポゾラン反応により、長期にわたり強度が増進します。そのため、緻密で水密性と劣化抵抗性・化学的抵抗性に優れた高耐久コンクリートになります。
  • フライアッシュは球形な微粒子で、そのボールベアリング的作用によりコンクリート流動性が高い、ポンプ圧送性の優れたコンクリートになります。
  • セメントに対し混入率を15%以上とすれば、アルカリ骨材反応の抑制効果があります。

高炉スラグ細骨材について

高炉スラグ細骨材は、製鉄所の高炉で銑鉄をつくる際に同時に生成する溶けたスラグを水で急冷して作られます。
この為、高炉セメント用急冷スラグ粉末と同様に生石灰CaOは存在せず、膨張はしません。
グリーンクリートは、コンクリート細骨材用に粒度調整等を行った、BFS1.2を使用しています。

ミルシート(準備中)

高炉スラグ細骨材の特性
  • アルカリ骨材反応の抑制効果があります。
  • 潜在水硬性により、長期にわたり強度が増進します。
  • 耐薬品の抵抗性に効果があります。
  • 乾燥収縮抑制に効果があります。

グリーンクリート使用上の注意点

グリーンクリート(砂置換バージョン)使用説明書

グリーンクリートの今後

セメント置換、マスコンクリート対応、水密性・遮塩性の向上、アルカリ骨材反応抑制の向上、次世代ニーズへの対応など、これからもグリーンクリートの可能性を最大限に生かすための配合を検討・研究してまいります。

お問い合わせはこちらから

PAGETOP
Copyright © グリーンクリート研究会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.